photo1
昭和41年 下石田工場 地鎮祭
photo2
他社に類なき大型円筒研削盤
photo3
創業期
1954年〜1965年
1954年(昭和29年)、鈴木良助は浜松市野口町にあった自宅を100万円で売却し、86万円のセンターレス研削盤を購入。浜松市名塚町に自宅兼作業場を借り、鈴木研磨工業所を開業します。
翌1955年(昭和30年)には、鈴木自動車工業(現スズキ)が「スズライト」の試作車を製作するにあたり、シフトフォークシャフトの製作依頼が持ち込まれます。
当時の技術では、スズキ社が求める外径の寸法精度や粗さを満たすことは困難を極め、当社も試行錯誤を繰り返しました。しかし、何とかこれをクリアし、自社固有の技術を確立。これを機に、スズキ社と当社との間には強いパートナーシップが生まれ、1959年(昭和34年)には、スズキ社の協力工場の一員に加わります。それ以降もスズキ車に搭載されるシフトフォークシャフトの製作は当社が担当することになり、今日でも当社のコア商品となっています。
また、1960年代(昭和30年代後半)に入ると、研磨だけでななく、旋削の業務も取り入れるようになっていきました。